« 得をした?? | トップページ | あなたの腕前は? »

2008年3月 8日 (土)

最終講義

大学は年度末。授業はないが、最も忙しい季節でもあります。

その仕事内容はともかくとして、

しばらく前に勤務校でも定年退職教員による“最終講義”が行われていました。

長年の研究成果をもとに、これまでの研究教育人生を振り返ったお話がなされていた模様です。“なされていた模様です”と書いたのは、私はこの種の“最終講義”に出席したことがないからなのです。

なんだか違和感を感じてしまって・・・。

そもそも、“最終講義”という習慣は日本的なもので、欧米には存在していません。欧米では通常“就任講義”はあっても、最終講義というのはないのです。経済学者の林周二先生は“最終講義”という大学の年中行事が存在する日本社会について「総じて日本では大学社会だけでなく、一般の企業社会でも、過去の因習の呪縛が強すぎ、現在の一切を振り切って未来へ立ち向かう姿勢が乏しい」と批判し、欧米の“就任講義”の風習について「過去の回想を語るのでなく、未来を前向きに講ずる点が、最終講義とは全く違う」と述べています(『研究者という職業』東京図書)。

最近では慶應義塾大学などで“就任講義”が始まっていますが、ほとんどの大学ではいまだに定年教員による“最終講義”が存在しています。

そもそも日本の大学の多くはいまだに終身雇用制を採っています。安定的な身分の保証は働く者にとっては喜ばしいのかもしれませんが、これが大学教員の緊張感のなさを生んでいます。学界や社会からは評価されなくても、自らのアプローチに固執した方法で次々に生み出される論文などは、狭い仲間内からは“研究業績”という名前で呼ばれ、質的な評価よりも数(本数で数えられる)が勝負になります。税金が財源である大学への助成金や、学生からの学費などが原資となっている“研究費”を使って、社会的に一切貢献しない研究成果を挙げても、それはそれで狭い範囲内では“業績”になるのです。もちろん、大学教員の仕事は研究だけではなく、教育も重要な仕事ですから、学生教育をしっかりと行っていれば、それはそれで素晴らしいことですが。

しかしながら、社会も学生層も常に変化していきます。それらへの対応が最も求められる仕事こそ“大学教員”のはずだと思っています。

社会に貢献できる研究を行うことや、これから社会に出ていく学生へ“知”の最前線と“思考”することの大切さを教えるためには、教員自身が緊張感を持って研究や教育に臨む必要があると考えます。

大学教員は終身雇用制が前提だと先ほど書きましたが、日本では生涯における大学間の移動回数が極端に少ないのが特徴でもあります。大学教員の生涯における大学間の移動回数を比較した調査では、オランダが3.55回、ドイツは2.0回、アメリカは1.62回で、日本は0.78回だそうです。日本の大学教員のほどんどは1つの大学で生涯を過ごす計算になります。日本では大学教員の“任期制”が定着していないことも理由です。

日本では、国立大学の教授が定年を迎えた後、私立大学の教授に転身する例が多く見られました。以前は60歳定年だった国立大学教授にとって、定年間際になると私立大学からのスカウトを待ってそわそわしていたそうです。当時、多くの私立大学では定年が70歳でしたから、あと60歳定年後もあと10年程度は食い扶持にありつけるわけです。また、あわよくば学部長や学長といった管理職にも就ける可能性があるわけです。研究でたいした成果のなかった国立大学教員にとっては大学行政の頂点に立つことは大きな名誉でもあったのです。

そして、大手私立大学でも卒業生がそのまま大学院→助手→専任教員と純粋培養され、一つの殻の中で仕事をしてしてきました。母校にそのまま就職できなかった研究者も、研究分野ごとに形成された学閥を頼りに地方の大学に就職し、いわば“植民地防衛”の第一線として仕事をしていたケースもあります。

少々長くなってしまいました。研究者にとって過去を振り返ること自体はムダではないと思うのですが、大相撲の力士が引退する時に行う“断髪式”のように、“最終講義”というセレモニーを、当たり前のように行う日本の大学という文化は学術の最前線としてはいかがなものかと考える今日このごろです。

|

« 得をした?? | トップページ | あなたの腕前は? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/187148/40430894

この記事へのトラックバック一覧です: 最終講義:

« 得をした?? | トップページ | あなたの腕前は? »