« アジサイ | トップページ | ブログの更新が、 »

2007年6月23日 (土)

合挽きミンチ

このところ、北海道の食肉加工業者「ミートホープ」社の牛肉ミンチ偽装事件に話題が報道を賑わしていますね。記者会見で社長が取締役の長男に諌められ指示を認めた場面が何度も映し出されていますが、工場長の大汗の方が印象的でした。罪の意識を持ったサラリーマンの悲哀が感じられます。

それにしても、酷い会社ですね。「牛」100%の商品をDNA鑑定したら、牛が全く入っていなかったり、輸入肉を国産と表記した袋に詰めて卸したり、賞味期限の切れた商品を仕入れて期限を延ばした表記の袋に詰め替えて売るなんて・・・。「食」を扱う企業のモラルはないですね。

今回のような食品の偽装事件は昔から起こっていますが、ここ数年は特に大規模化しているようです。2002年の雪印牛肉偽装事件を発端に、ハム会社が同様の偽装を行っていました。また、2004年には「魚沼産」コシヒカリが生産量より流通量の方が多いことで発覚した産地偽装事件がありました。その後、ふぐや海老など様々な食品の産地偽装が発覚。そして、今年に入り、不二家の期限切れ原材料使用事件が・・・。

加工食品は原材料が原形を留めていませんから、メーカーを信じるしかありません。そのメーカーが原材料や賞味期限を偽って製造したら、私たちは何を信じたらいいんでしょうか?やはり、自分の舌でしょうか?

食品偽装はあってはならない事件です。しかし、私たちの多くは、「牛肉」と表記していながら牛肉が全く入っていない商品を食べても気付かないようです・・・。回転寿司の「イクラ」が人造イクラでも、「ひらめのエンガワ」がカラスガレイであっても気にしないのも日本人の舌・・・。ならばいっそうのこと、東スポを真似て「牛肉!?100%か!? コロッケ!」みたいにして売ったらどうでしょうか?売れないでしょうかね・・・。

それにしても、冒頭の会社。牛肉に豚肉を混ぜて卸していたようですが、これって「合挽きミンチ」ですよね。「牛肉○○」という商品はありますが、「合挽き○○」という商品はあまり見かけません。合挽きミンチファンとして思うのですが、合挽き肉の商品も出してみてはいかがでしょうか?

|

« アジサイ | トップページ | ブログの更新が、 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/187148/15536641

この記事へのトラックバック一覧です: 合挽きミンチ:

« アジサイ | トップページ | ブログの更新が、 »