« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »

2007年6月

2007年6月30日 (土)

宮澤喜一さん

6月28日、宮澤喜一・元首相が87年の生涯を閉じました。

私個人は宮澤喜一さんとは接点はありませんが、戦後日本の復興から独立、経済成長から低成長時代へと歴史の全てに関わった卓越した政治家であったと思います。

宮澤喜一さんは改憲を党是とする自民党にあって護憲派の政治家でもありました。ある本で次のように語っています。「最後に一言みなさんに申し上げるとしたら、どういう事情があっても、武力行使をしていはいけない、ということです。自衛であろうと、国連の旗の下であれ、です。日本は自衛だといって満州事変から、中国のなかで戦争したんです。そんな自衛がありますか。自衛のためなら隣の国に出かけていいとなると、とめどもない話です。国連の旗のもとならいいというのも、国連自体が懲りたんじゃないですか。ソマリアでは撤退、ボスニアでは泥沼です。これも撤退せざるを得ないでしょう。敗戦から50年も経つと忘れる人もいるが、知らない人が圧倒的です。ぜひ、50年前にあったことを知ってほしい。そして自由を大切にしてほしい。言論の自由さえあれば、なにか間違えそうになったときに十分な議論ができますから。自由がつねに尊重されて、存在しているようにしてほしいと思います。」(宮澤喜一『21世紀への委任状』小学館、1995)<この本は「ビックスピリッツ」という漫画雑誌に13回にわたって連載された語り下ろしを本にしたものです>

こんな時代だからこそ、もう一度噛み締めたい言葉です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月25日 (月)

私学共済までもが・・・

問題となっている「宙に浮いた年金問題」。

私学共済加入者も宙に浮いていたみたいです・・・。

しかも52万件も。

1997年の基礎年金番号導入前に退職した人のものが未統合だったようです。

自分には被害がないと思われますが・・・。厚生年金だけでなく共済年金も宙に浮いていたなんて・・・。

既に亡くなってしまった方々の年金は本来の満額が支給されていなかった可能性が大です。このお金はどこに行ってしまうのでしょうか?やはり、国の懐に入るのでしょうかね。

国による「振り込め詐欺」なのに、まだ誰の首も飛ばないなんて・・・。信じられません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月24日 (日)

ブログの更新が、

なかなかできていません。訪れる方々には申し訳ないことですm(_ _)m

毎日、書きたいことはあるのですが、やるべきことをやってからPCに向かう前に力尽きてしまっています・・・。

書くことが習慣になっていいる時期はいいのですが、つい習慣から離れてしまうと、優先順位が落ちてしまうようです(汗)

まあ、のんびりいきます(^^)

さて、4年生にとっては最期の夏を迎えています。みんな口癖のように「忙しい」と言います。履修している授業の数は学費がもったいないくらいに少ないはずなのですが、口から出てくる言葉は「忙しい」なのです。

何が忙しいのか?

まず就職活動です。一般企業組は最盛期を過ぎていますが、本当に良い会社なのか?と自問自答しながら続けています。まだ決まらない学生もいるのですが・・・。福祉や医療関係はこれからが本番です。人材センターやセミナーなどに足しげく通っているようです。

次に国家試験対策です。社会福祉士資格は卒業時の1月に国家試験を受けます。合格率は30%程度。週1回の受験対策では足りないため、各自の方法で学習会を持っているようです。「こんなことなら1年生のときもっと勉強しとけばよかった~」という声が聞こえます。その言葉、ぜひ後輩に語ってほしいものです。

そして、卒業論文。学生時代最大の作品をまとめるのです。自分の興味関心をもとに最大限調べ、考え、まとめます。何冊もの本を次から次へと読んでいく者、現場に出かけて調査を行う者、方法はそれぞれですが、みんな初めての経験です。恐らくは、最初で最期の経験になるのですが・・・。どんな作品になろうが、苦労してまとめるという経験が実社会で活きてくるのです。精一杯がんばってほしいものです。

こんな忙しい時期にこれまで以上にアルバイトに精を出す学生もいます。周囲が就活、国試、卒論とバタバタしている姿が見えないかのように・・・。来年はいやでも働かなければならないのに・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月23日 (土)

合挽きミンチ

このところ、北海道の食肉加工業者「ミートホープ」社の牛肉ミンチ偽装事件に話題が報道を賑わしていますね。記者会見で社長が取締役の長男に諌められ指示を認めた場面が何度も映し出されていますが、工場長の大汗の方が印象的でした。罪の意識を持ったサラリーマンの悲哀が感じられます。

それにしても、酷い会社ですね。「牛」100%の商品をDNA鑑定したら、牛が全く入っていなかったり、輸入肉を国産と表記した袋に詰めて卸したり、賞味期限の切れた商品を仕入れて期限を延ばした表記の袋に詰め替えて売るなんて・・・。「食」を扱う企業のモラルはないですね。

今回のような食品の偽装事件は昔から起こっていますが、ここ数年は特に大規模化しているようです。2002年の雪印牛肉偽装事件を発端に、ハム会社が同様の偽装を行っていました。また、2004年には「魚沼産」コシヒカリが生産量より流通量の方が多いことで発覚した産地偽装事件がありました。その後、ふぐや海老など様々な食品の産地偽装が発覚。そして、今年に入り、不二家の期限切れ原材料使用事件が・・・。

加工食品は原材料が原形を留めていませんから、メーカーを信じるしかありません。そのメーカーが原材料や賞味期限を偽って製造したら、私たちは何を信じたらいいんでしょうか?やはり、自分の舌でしょうか?

食品偽装はあってはならない事件です。しかし、私たちの多くは、「牛肉」と表記していながら牛肉が全く入っていない商品を食べても気付かないようです・・・。回転寿司の「イクラ」が人造イクラでも、「ひらめのエンガワ」がカラスガレイであっても気にしないのも日本人の舌・・・。ならばいっそうのこと、東スポを真似て「牛肉!?100%か!? コロッケ!」みたいにして売ったらどうでしょうか?売れないでしょうかね・・・。

それにしても、冒頭の会社。牛肉に豚肉を混ぜて卸していたようですが、これって「合挽きミンチ」ですよね。「牛肉○○」という商品はありますが、「合挽き○○」という商品はあまり見かけません。合挽きミンチファンとして思うのですが、合挽き肉の商品も出してみてはいかがでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月10日 (日)

アジサイ

高幡不動尊にアジサイを見に行きました。

「紫陽花」は万葉集にも登場する花で、氷河期を越えて
生き続けているそうです。

Imgp1663_1 

Imgp1664

アジサイにはたくさんの種類があるんですね。

ひとつひとつが可憐な花をつけて山に咲いていました。

帰りにアジサイのスイーツをいただきました(笑)

Imgp1672

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »