« 公務員の給食費未納問題 | トップページ | 行き詰る生活保護【番組案内】 »

2007年2月19日 (月)

これから大変だな(^^;)

今日の東京新聞の夕刊1面に、

教員養成学部の志願倍率が低下―「いじめ」「ダメ教師」・・・逆風気味?

という見出しの記事がありました。
いじめ問題での教員批判や教育再生会議での「ダメ教師排除論」などがあり、教員に対するマイナスイメージが、教員養成系学部の志願倍率低下につながっている、と。
記事では国立大学の志願倍率が紹介されていましたが、私立大学でも同様に人気が低下しているようです。
これから、団塊の世代の大量退職の時期を向かえ、より「いい先生を養成しなきゃいけないと言われているときに人が集まらない」(東京学芸大・松村副学長)。その結果、教員の質の低下につながりかねないと懸念されているようです。
これまで以上に定年退職者が増え、教員採用が増加する中、現今の教育現場に適切に対応していくことができ、その仕事に「やりがい」を感じることができる新人教員の養成は急務でしょう。
しかし、志願倍率の低下=教員の質の低下が懸念、というのはちょっと短絡的じゃないかなとも思います。確かに入学者の質の低下は懸念されますが、大学側がしっかりと教育をし、卒業生の質を担保すれば問題は解決されます。ただ、、、今の大学にそれだけの教育力があるのか?は疑問ですが。

それ以前に、、、志願倍率の低下は私立大学には深刻ですね。教員志望の高校生はまず国立大ですから、私大は二の次。

どこぞの大学も4月から教員養成を始めるのですが・・・(^^;)。

|

« 公務員の給食費未納問題 | トップページ | 行き詰る生活保護【番組案内】 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/187148/13976868

この記事へのトラックバック一覧です: これから大変だな(^^;):

« 公務員の給食費未納問題 | トップページ | 行き詰る生活保護【番組案内】 »