« 博士の愛した数式 | トップページ | え~、やっと終わりました(^^) »

2007年2月 1日 (木)

少子高齢化!?

新聞を取らない私はもっぱら各紙のWeb版とYahooニュースを見ます。
Yahooニュースの「少子高齢化」も欠かさずチェックするのですが、
今日は変わった記事がありました。

暴走族も少子高齢化――。全国の暴走族の構成員数が減少する一方、成人の割合が1999年の調査開始以来、初めて50%を超えたことが警察庁のまとめで分かった。

 同庁は「厳しい上下関係を嫌がったり、暴走行為を格好悪いと思う若者が増えているのと同時に、大人になりきれない大人が多くなっているためでは」と分析している。

 全国の暴走族は2005年末が956グループだったのに対し、06年末は847グループに減少。構成員も1万5086人から1万3677人に減った。一方で成人の割合は年々増え続けており、1999年末には29・1%だったのが、05年末は47・6%、06年末は51・1%を占めた。  (2月1日 読売新聞)

確かに「少子高齢化」のようです(笑)
現在の子ども世代を見ていると暴走族が流行らないのも理解できます。
しかし、です。

フィールドワークをもとに暴走族の心理について研究した佐藤郁哉先生(文化社会学)は、暴走族の暴走行為は「青年期の一時的な“社会からの逸脱”、いわば“落ち着かない文化”が落ち着いていく過程」だと述べています。
私たちは短絡的に、「暴走族⇒暴力団入り」と考えますが、実態も異なるようです。(余談ですが、暴力団の構成員は増加しています。しかし、こちらも高齢化とある組への寡占化が進み“抗争”が激減しています)

暴走族の“少子高齢化”の裏には、成長できない子どもの増加があるのかもしれません。

|

« 博士の愛した数式 | トップページ | え~、やっと終わりました(^^) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/187148/13746374

この記事へのトラックバック一覧です: 少子高齢化!?:

« 博士の愛した数式 | トップページ | え~、やっと終わりました(^^) »