« 新しい挑戦の場 | トップページ | これから大変だな(^^;) »

2007年2月17日 (土)

公務員の給食費未納問題

16日の新聞に目を疑う記事がありました。

“大阪市:給食費、授業料未納職員15名”

記事によると、市立小中学校の給食を11名の市職員が、高等学校の授業料を4名の市職員が滞納しているとのことでした。しかも、市立中学校男性教諭(53)は現在まで46万円の高校授業料を未納とのこと・・・。その理由を「生活が苦しいため」と話しているということらしい。
公務員が「生活が苦しい」と言い訳するなんて・・・!
大阪市といえば、数年前まで全国の市町村で最も高い給与水準だった自治体です。しかも、係長級以下の職員には2~3年に1度の割合でイージーオーダーのスーツ(3万円相当)を支給していたことが発覚した自治体のはず。
今回の大阪市の調査も前年末に子どもが在籍していた職員のみを調査対象としているため、ごく一部に過ぎません。
法律を遵守すべき公務員がこの姿勢では困りますね。

|

« 新しい挑戦の場 | トップページ | これから大変だな(^^;) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/187148/13945891

この記事へのトラックバック一覧です: 公務員の給食費未納問題:

« 新しい挑戦の場 | トップページ | これから大変だな(^^;) »