« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »

2007年2月

2007年2月27日 (火)

学位とDM

DMと言えば、ダイレクトメールを思い浮かべる方が多いと思います。
しかし、最近の大学の世界ではDMといえば、ディプロマ・ミル(diploma mill)。すなわち、実態のない大学からお金で博士号を買うことを意味しています。これを、学位工場とも言います(イギリスではdegree millといいます)。

DMを通じて、学位を“購入”した有名人には落語家の三遊亭楽太郎や映画評論家の水野晴郎、そして「最高ですか~!」と叫び足裏診断詐欺で捕まった福永某氏などがいます。三遊亭楽太郎は自らDMであることを公表していますが・・・。
DM学位はそれらし~名前の大学で売っています。有名どころでは、ハワイにあるイオンド大学、世界中に支部を持つパシフィック・ウェスタン大学などがあります。これらの大学は政府から認められていない、非公認の学位授与機構なのです。もし、「博士」の肩書きだけが欲しい方がいらっしゃれば、是非とも購入をお勧めいたします(笑)あくまでも、個人的趣味としての世界の話ですが。

日本の大学教員には教員免許等の資格は必要ありませんが、大学設置基準という法令で、教授、助教授、講師の任用基準が示されていて、博士の学位があれば他の条件を満たさなくても教員になれる仕組みになっています(実際には日本の文系大学院では博士号をほとんど出していないので、業績=論文の数等の基準で審査されています)。しかし、昨年以降、日本の国立大学や私立大学で、お金で博士号を買った人が教授になっているとの指摘がなされ、大きな問題となっています。“学術の府”である大学では、当然ながらDM学位は認められず、真の研究業績が問われるのです。

そこで、文部科学省は今年に入り、各大学にDM学位かどうかを見分けるために参考になるサイトのリストを配布し始めました。これは、例えば、全米高等教育機関基準認定協議会等のサイトが列挙されていて、これらの認定を受けているかどうかで見分けるという、いわゆる“ホワイトリスト”です。
文部科学省の対応、今頃になってですか?という印象です。だって、10年以上前からDM学位なんて存在していたのですから。

実は以前の勤め先で新学部設置の準備に携わっていたとき、お調子者の事務局長氏がAさんという方の履歴書を持ってきて「このAさん。アメリカの大学で博士号を取得したらしいんですよ。すごいですね~。ぜひうちの教員にできませんやろか?」と言ってきました。Aさんは自ら売り込みに来たらしいのです。博士号取得機関は聞いたこともない大学名だったので、知り合いの教授に調べてもらったら、実態のない大学でDM学位だということが判明したのです。当然ながら、教員選考リストからは削除されました。

仮にも研究者を自認するのであれば、DM学位に手を出したりせず、地道に研究業績を積み重ねていくことこそ大事であり、それは良識だと思います。しかし、お金で学位を購入する人がいることも事実です。それに対する文部科学省の対応、、、やはり遅すぎますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「通常学級」だけが全てか?

県議会:「障害児も通常学級に」 7団体見直し要望書提出/埼玉

 県手をつなぐ育成会など障害者支援7団体が、障害児が通常学級で学ぶ環境整備のため、予算措置や就学指導の見直しを求める要望書を県議会に提出し、県内各市町村に対しても送付した。団体のメンバーは「共に育ち、学ぶ教育、社会をつくっていくべきだ」と訴えている。
 県議会は06年10月、7団体の請願を受けて、環境整備の推進を求める意見書を全国で初めて国に提出した。国連で障害者権利条約が採択されるなどし国会でも議論が活発化。文部科学省は従来の「分離教育」を転換し、「インクルーシブ教育(障害を持つ子どもを受け入れる共生の教育)」を促進する方針を打ち出した。同12月には、小中学校でさまざまな障害がある児童生徒の介助や学習支援を行う「特別支援教育支援員」を、08年度までに全国に3万人配置する計画を都道府県に通知している。
 7団体は23日、県議会議長と各市町村に要望書を出し、支援員配置が予算化されるよう求めた。また、児童生徒が盲・ろう・養護学校に通うべきか、通常学級に通うべきかを判定する各市町村の「就学指導・支援委員会制度」が、共生の流れに逆行して分離教育を助長しているとして、制度を規定する学校教育法施行令の改正を求めている。
 要望書提出後に記者会見した、教育の欠格条項をなくす会の木村俊彦・事務局員は「希望する子どもは通常学級で受け入れるよう環境を整備すべきだ。みんなが手を差し伸べ合う社会が求められている」と話した。
   ◇   ◇
 7団体の代表から要望書を受け取った田島敏包・県議会議長は、難病対策や障害者の就学・雇用などに取り組む超党派の議員連盟「福祉行政の研究・行動する議連(仮称)」を発足させる考えを示した。「福祉の現場に足を運び県政に提案する、実働的な議連にしたい」としている。県議選後に招集される6月定例会で当選議員に呼びかけるという。
(「毎日新聞」2月25日)

インルーシブ教育は当然の流れだと私も思います。しかし、ただ「一緒に学ぶことがいい」と言うだけでは、障害がある子どもの教育保障は実現できません。
国は教師とともに授業を補助する支援員の増員を計画していますが、予算化を求められている自治体の財政が厳しい状況にあるだけでなく、「支援員」の資質がほとんど問われていないため、障害のある子どもに合わせた「支援」が実現できない現状もあります。もちろん、支援員の増員自体は歓迎されるべきものですが。

記事にある就学支援委員会制度についても、委員会の判定は保護者への「助言」に過ぎず、最終的な判断は保護者がすることになっています。既に形骸化しているのです。それよりも、保護者が我が子の障害をどのように受け止めているのか、にも大きな問題があります。明らかに何からの支援が必要な子どもを抱えながら「我が子のことは親が一番分かっている。うちの子どもには何の障害もない!」と「助言」を門前払いする保護者もいます。障害を認めたくないのは理解できます。しかし、子どもの健全は発達を考えるのであれば、その子どもの正しい状態と最善の教育とは何かは検討する必要があると思います。検討の結果が通常学級でも構いませんが、正しく受け止めようとする姿勢は求められます。

ただし、現状の通常学級が障害のある子どもにとって最善の教育の場になっているのかは別問題です。だからこそ、「環境整備」は求められます。その環境整備が図られていない段階にもかかわらず「今すぐ何が何でも通常学級に」という考えに拘るのはどうかとも思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年2月25日 (日)

介護予防・認知症予防総合フェア【ご案内】

東京都老人総合研究所の全面協力で、
「第1回 介護予防・認知症予防総合フェア」というイベントが開催されます。

日時:2007年3月7日(水)・8日(木) 10:00~17:00

会場:池袋サンシャインシティ・文化会館4階ホールB(東京都)

主催:同フェア実行委員会(後援:東京都他)

主な内容は、①都内の介護予防・認知症予防事業を紹介する「公共ゾーン」、②「商品・サービス展示ゾーン」、③講演会(11本)です。

詳しくはチラシをご覧下さい。

http://www.tmig.or.jp/J_TMIG/kaigo_homepage2/kaigoyobofair.htm

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月22日 (木)

突然の相談

都内の介護老人保健施設で介護福祉士として働くY氏。
経済学部を卒業後、父親のコネで某メーカーに就職。営業マンとして働いていましたが、10年前に福祉の世界に足を踏み入れました。
そんな彼とは20年来の友人です。

夕方、Y氏から「話を聞いて欲しい」と電話があり食事をしました。
Y氏は昨年のケアマネジャー試験に合格し、研修を受けています。今日は、その研修での内容について相談がありました。でも、そんな話は私でなくても構わないはず。何かあるな~と思っていると、
「実は先月から入った新人職員について職員の間で問題になっているんだ」と話し始めました。

介護職員で入ってきたAさんは職員同士との日常会話は成立するものの、冗談が通じなかったり、細かいところにこだわりがあり、同僚から「変わった人」と評価されているそうです。指示したことがきちんとできなかったり、柔軟性がなく先が読めないなどの問題もあり、チーム内では「Aさんには仕事を任せることができない。彼は障害があるのでは?」との訴えがあるそうです。Y氏から聞く限り、アスペルガー症候群の可能性がありますが、断定はできません。
Y氏の話では、このままでは試行期間が終わる来月末にはAさんがクビになってしまう恐れがあるとのこと。
しかし、Aさんに対するY氏の評価は同僚のものとは少し違います。軽度発達障害の可能性はあるとしても、タオルをたたんだり、リネン交換などは時間はかかるがどの人よりも丁寧だし、利用者さんとのコミュニケーションは話すペースが合うのかとても上手い。なによりも利用者に好かれている、と。Aさんは複雑な仕事を一回では理解できないものの、段取りをきちんと理解すれば丁寧にこなせる。
Yさんは、「同僚たちで障害関係の分野にいた人は一人もいない。だから彼のことが理解できず、排除されているんだと思う。Aさんが働きやすい職場環境と整えていくことを僕はやりたいんだ」と言います。Yさんは現在の職場に移る前は知的障害者施設の職員でした。なので、知的障害や発達障害への理解があります。
「僕は今まで、職場内のことで声を上げて提案したことがないんだけど、Aさんが働ける環境を整備できなければ、僕の以前の経験は無駄になってしまう。そう思わないか?」とY氏は強い調子で話してきました。

Y氏はほんの少しの勇気が欲しかったようです。
話し終えたY氏。自信が漲った顔つきをしています。

Yよ!君ならできるよ!がんばれよ!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年2月20日 (火)

日本語にも字幕を!

ゴールデンウィークに日本で公開される洋画“バベル”をご存知ですか?

ブラッド・ピットが主演の映画で、菊池凛子がアカデミー助演女優賞にノミネートされたことで一躍有名になっている映画です(他にも役所広司も出演)。

この映画、日本人俳優が登場するシーンで日本語が使われる場面があります。
しかし、この日本語の場面だけは字幕がありません!
登場する菊池凛子さんは“ろう者”の役で出演していて、ろう者の方々で楽しみにしている方も大勢います。字幕がなければ、たとえ日本語でも会話の内容が分かりません。

この“バベル”の日本上映に当たって、日本語シーンでも字幕を付けてくれるようろう者の方々の運動が始まりました。
映画の公開が4月からですので、3月上旬には配給元に署名を届けたい!ということです。ぜひとも皆様のご協力をお願い申し上げます!!

詳しい運動の紹介と署名用紙は→http://kiirogumi.net/babel/pc.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月19日 (月)

行き詰る生活保護【番組案内】

昨年来、餓死者を生み出した北九州市の生活保護行政について様々なところで問題が指摘されていますが、今週末、それを特集したドキュメンタリーが放送されます。

「NNNドキュメント07」
 『その先は孤独死~行き詰る生活保護』
 2月25日(日)24時50分~25時20分

〔番組案内より〕去年5月、北九州市の市営団地で男性が孤独死した。男性には生活保護の申請意思があったが申請書すら渡されなかった。北九州市は生活保護に関して全国でも低い受給率を維持している。一方で、生活保護を不正受給しているいわゆる「乱給」の状況にある自治体もある。不況の影響もあり国の社会保障関係費は膨らんだ。生活保護の財政の支出は国が7割、自治体が3割。北九州市の『水際作戦』は全国のモデルになりつつあるという。支出の削減が優先され助けを求める人たちの声を聞き逃す…、そんな方法が全国に広まろうとしている。 

http://www.ntv.co.jp/document/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

これから大変だな(^^;)

今日の東京新聞の夕刊1面に、

教員養成学部の志願倍率が低下―「いじめ」「ダメ教師」・・・逆風気味?

という見出しの記事がありました。
いじめ問題での教員批判や教育再生会議での「ダメ教師排除論」などがあり、教員に対するマイナスイメージが、教員養成系学部の志願倍率低下につながっている、と。
記事では国立大学の志願倍率が紹介されていましたが、私立大学でも同様に人気が低下しているようです。
これから、団塊の世代の大量退職の時期を向かえ、より「いい先生を養成しなきゃいけないと言われているときに人が集まらない」(東京学芸大・松村副学長)。その結果、教員の質の低下につながりかねないと懸念されているようです。
これまで以上に定年退職者が増え、教員採用が増加する中、現今の教育現場に適切に対応していくことができ、その仕事に「やりがい」を感じることができる新人教員の養成は急務でしょう。
しかし、志願倍率の低下=教員の質の低下が懸念、というのはちょっと短絡的じゃないかなとも思います。確かに入学者の質の低下は懸念されますが、大学側がしっかりと教育をし、卒業生の質を担保すれば問題は解決されます。ただ、、、今の大学にそれだけの教育力があるのか?は疑問ですが。

それ以前に、、、志願倍率の低下は私立大学には深刻ですね。教員志望の高校生はまず国立大ですから、私大は二の次。

どこぞの大学も4月から教員養成を始めるのですが・・・(^^;)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月17日 (土)

公務員の給食費未納問題

16日の新聞に目を疑う記事がありました。

“大阪市:給食費、授業料未納職員15名”

記事によると、市立小中学校の給食を11名の市職員が、高等学校の授業料を4名の市職員が滞納しているとのことでした。しかも、市立中学校男性教諭(53)は現在まで46万円の高校授業料を未納とのこと・・・。その理由を「生活が苦しいため」と話しているということらしい。
公務員が「生活が苦しい」と言い訳するなんて・・・!
大阪市といえば、数年前まで全国の市町村で最も高い給与水準だった自治体です。しかも、係長級以下の職員には2~3年に1度の割合でイージーオーダーのスーツ(3万円相当)を支給していたことが発覚した自治体のはず。
今回の大阪市の調査も前年末に子どもが在籍していた職員のみを調査対象としているため、ごく一部に過ぎません。
法律を遵守すべき公務員がこの姿勢では困りますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月16日 (金)

新しい挑戦の場

定年まで第一線でバリバリと仕事をこなし、「男子、厨房に・・・」と頑固な考えを持ったAさん。高齢期になり、介護が必要となったため自宅で家族の介護を受けています。

家族に用事があるとき、老人保健施設のショートステイを利用するようになりました。
利用当初は、「オレもこんなところに来るようになったからおしまいだな」と何度もおっしゃっていたそうです。これまでずっと、家事や身の回りのこと一切を妻や家族にさせていたために、もう何も意欲が湧きません。

そのAさんが、またショートステイにやってきました。いつものように利用日数分ちょうどの着替えを持参して。
ところが、利用期間中、ご家族に急な事情が生じたために利用期間が倍に延長されることになりました。替えの着替えは予定日数分しかなく、Aさんは困ってしまいます。
職員のBさんは「ここで洗濯をしたらどうか」と提案します。Aさんも「それしか方法はないな」と了承。そこでBさんは一緒に洗濯するよう誘ってみました。Aさんは、これまで洗濯など一度たりともしたことがなかったので、消極的ではあったのですが、Bさんと一緒に自分の衣類を洗濯してみました。そして、生まれて初めて衣類を干すことまでやってみました(職員Bが介助をしながら片手で)。
しばらくして、このことを聞きつけた他の職員たちがAさんの居室にやってきて「Aさん!洗濯物干したんですってね~!すごいじゃない!」と拍手を贈りました。Aさんは照れくさそうに、片手でⅤサイン。
そして、次のショートステイのとき、今度は自分から「洗濯がしたい」と職員に申し出ます。「この年で、新しいことを覚えることができるなんてね~。うちのはこんなことを毎日してたんだね」と、照れくさそうです。職員は「新しいことに挑戦するのに年齢は関係ないですよ」と喜んで協力したそうです。

Aさんにとって「こんなところ(老健)」は、「おしまいの場」ではなく、「挑戦を始める場」に変わりつつあるようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月15日 (木)

丸投げ

職員Aさんの得意技は「丸投げ」。最近は「抱え込み」や「放り出し」という新技まで体得してきたようです。
そのAさん。ある仕事の一部分を職員Bさんに丸投げ~(式守伊之助風に)。
職員Bさん。その仕事の意味がよく分からなかったらしく、私に
「先生、○○について知っていたら教えて下さい」と言ってきました。
えっ?その件って・・・。
実はその仕事、私も関わってAさんと進めている仕事だったのです。
公にできる内容の仕事ではないので(なんで、Bさんが~?)と思いつつ、
Aさんに、「Bさんから○○の件について聞かれたのですが・・・」
とブーメランを返してみました。
Aさんは「えっ~!?そうなんですか~。そりゃあマンデリン先生に調べてもらえればすぐ分かる内容ですが、訓練のつもりでBさんにお願いしたんだけどな~」と・・・。
しかも、Bさんは私だけでなく数名の先生方に聞いて回っていました・・・。
勘のいい人なら仕事の内容が分かってしまうじゃないですか!

え~と。「丸投げ」するときは、極めて重要な部分以外についてをですね~、内容の意味を明確に伝えて投げないと自爆することもあるのですよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月13日 (火)

見たくない・・・

見たくない光景に遭遇してしまいました・・・。

気持ちがよくない、というよりとても悲しくなる光景でした。

「命」はたった一つです。

誕生の瞬間、家族がどんなに喜んだかあなたは知らないでしょう。

これまでたくさんの人と関わって、影響を与え合ってきたことでしょう。

生きているだけで価値があります。

どんな理由があるにせよ、生きてほしかった・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月12日 (月)

不思議な味・・・

今日は一日読書の日!

研究に関係ある本、関係ない本、いろいろと楽しみました。

でも、じっとしていられない性格なので、散歩がてら喫茶店で読書に、、、

で、これを1杯。

070212_154941

ん~。不思議な味ですね。

くせになるかもしれませんが、本には集中できないかも(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

選挙YEAR

今年は選挙の年。

統一地方選挙、参議院選挙・・・。

大学時代に入っていたサークルの先輩、後輩、同輩たちの多くが選挙に出ます。

何で、そんなに選挙に出る友人が多いのか?

そのサークルは弁論部なのですよ(笑)

サークルとは関係なく、福祉関係の知り合いも仕事を辞めて選挙に出ます。

これには驚きましたよ。政治は嫌いだったはずだし・・・。

そういえば、大学でも選挙があります。

学部長選挙・・・。

こちらは既に根回しも終わってますので、形式ですが(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月10日 (土)

自閉症スペクトラム

読売ONLINEに次の記事がありました。

「150人に1人自閉症」、推計超える米調査結果

【ワシントン】社会性や意思伝達の能力の発達が遅れる「自閉症スペクトラム障害」(ASD)が、150人に1人の割合で発症しているとの調査結果を、米疾病対策センター(CDC)が8日発表した。
「500に1~3人」という従来の推計を超える高い発症率で、CDCは「定期健診で早期に診断し、治療へつなげる体制が重要だ」と指摘している。
調査は、2002年に14州で実施。ASDの診断が出尽くす年齢の8歳児に注目し、医療機関や学校などの記録から患者数を調べた。その結果、発症率は0・66%とはじき出された。ただ、州によって0・3~1%と差があり、調査地域が全米の10%の8歳児しか含んでいないため、CDCは「全国の正確な発症率は不明」としている。
ASDには、知的障害を伴う狭義の自閉症から、知能には問題のないアスペルガー症候群まで含まれる。先天的な脳障害が原因と考えられているが、詳しい仕組みはわかっていない。 (2月9日)

「スペクトラム」は「いろいろな」という意味がある言葉で、境界線のない連続的なものを指します。1996年にローナ・ウイングが提唱して以来、いわゆる狭義の自閉症の定義を拡大し、高機能自閉症やアスペルガー症候群など知的障害を伴わない自閉症を含め広汎性発達障害と同義的に扱われています。
ちなみに、LD(学習障害)、ADHD(注意欠陥多動性障害)とは別ですので、一人の子どもがLDでADHDと自閉症スペクトラムを併せ持っている場合もあります。

今回のアメリカの調査結果は一つの調査結果に過ぎませんが、自閉症スペクトラムについて研究が進むにつれ、実態が予想以上に多いことだけは確かなようです。
日本でも、教育現場ではこの問題が認識されはじめ、LDやADHD、高機能自閉症などまで対象を広げた特別支援教育が始まろうとしています。しかし、子どもの生活範囲は「学校」だけではありません。地域社会の理解や家族への福祉的支援も必要になってきます。福祉サービスを「要介護」の度合いだけで判断する政策では対応ができないのではないかと思うのですが・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

卒論発表会を聞いて

本日、ある学科の卒業研究発表会が行われていました。
うちの学科の3年生には特にPRしていませんでしたが、
私のゼミの学生が聞きに行ったようです。

聞き終えて研究室に来るなり、
「とてもしっかり発表してましたよ。来年は私もあんなふうに発表できるかな~」
と少し不安げでした。

私は、「大丈夫!あと1年頑張ればできるよ!」と口では言っていましたが、
心の中では「あと1年、厳し~~く鍛えてあげるからね~~( ̄_ ̄)」
と呟いていました(笑)

さ~!あと1年間、がんばりましょうね!!

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2007年2月 8日 (木)

朝令暮改

官僚という人種は全くもってわかりません。

前回は問題なく通った書類なのに、今回は「改めて下さい」という。

しかも、提出から数ヶ月が経って・・・。

法令の条文を厳格に適用するのは構わないけど、

解釈を勝手に変えるのには参りますね。

学生や利用者に迷惑はかけられないので、一応、従いますが!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月 6日 (火)

企画を立てるということ

現在ゼミ合宿中です。

勉強よりも旅行中心の合宿ですが、「?」と思うことも多い。

いろんなことが行き当たりばったりだったりで・・・。

大枠は決まっていたし、結果オーライなのですが、

引率教員としてはハラハラドキドキです。

なぜここに行くのか?どうやって行くのか?いくらかかるのか?

など、もっと考えさせるべきだったかもしれません。

趣意書、企画書、予算書を作ることを教えておくべだったと反省です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月 4日 (日)

え~、やっと終わりました(^^)

遅れていた原稿の校正、終わりました。

2本とも!

編集部のSさん!

遅くなりましたが、本日投函いたしました!

当分は原稿から完全解放だ~!!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年2月 1日 (木)

少子高齢化!?

新聞を取らない私はもっぱら各紙のWeb版とYahooニュースを見ます。
Yahooニュースの「少子高齢化」も欠かさずチェックするのですが、
今日は変わった記事がありました。

暴走族も少子高齢化――。全国の暴走族の構成員数が減少する一方、成人の割合が1999年の調査開始以来、初めて50%を超えたことが警察庁のまとめで分かった。

 同庁は「厳しい上下関係を嫌がったり、暴走行為を格好悪いと思う若者が増えているのと同時に、大人になりきれない大人が多くなっているためでは」と分析している。

 全国の暴走族は2005年末が956グループだったのに対し、06年末は847グループに減少。構成員も1万5086人から1万3677人に減った。一方で成人の割合は年々増え続けており、1999年末には29・1%だったのが、05年末は47・6%、06年末は51・1%を占めた。  (2月1日 読売新聞)

確かに「少子高齢化」のようです(笑)
現在の子ども世代を見ていると暴走族が流行らないのも理解できます。
しかし、です。

フィールドワークをもとに暴走族の心理について研究した佐藤郁哉先生(文化社会学)は、暴走族の暴走行為は「青年期の一時的な“社会からの逸脱”、いわば“落ち着かない文化”が落ち着いていく過程」だと述べています。
私たちは短絡的に、「暴走族⇒暴力団入り」と考えますが、実態も異なるようです。(余談ですが、暴力団の構成員は増加しています。しかし、こちらも高齢化とある組への寡占化が進み“抗争”が激減しています)

暴走族の“少子高齢化”の裏には、成長できない子どもの増加があるのかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »