« 耐震偽装ホテル | トップページ | 2つの会議に思う »

2007年1月29日 (月)

高次脳機能障害のセミナー

高次脳機能障害についてのセミナーがありました。

高次脳機能障害は障害者手帳が取得しづらく、福祉の谷間にあるのですが、
最近は精神障害者保健福祉手帳が取得できるようになりました。
しかし、私の周囲では「精神病ではない!」と抵抗する人もいます。

セミナーの最初に精神科医の講演があったのですが、
高次脳機能障害にとって精神科がいかに大切で近い存在かがよく理解できました。
そして、精神保健福祉手帳とはいえ手帳が取得できることの重要性を認識することができました。

Imgp1185 シンポジウムでは、杉並、横浜、世田谷などの先進的な取り組みの紹介がありました。
いずれも障害者自立支援法となり厳しい状況ではありますが、
それぞれに工夫した取り組みがなされています。
大いに学びたいものです。

それにしても、立ち見が出るほどの参加者!
地域での継続した活動の大切さも実感しました。

|

« 耐震偽装ホテル | トップページ | 2つの会議に思う »

コメント

高次脳は
私も何人か支援していますが
やはり医療との連携は必要ですよね。
私も勉強不足なんで
色々と
セミナー等に参加して勉強したいです。
まだまだ
無知な私です。
反省

投稿: dekesokonai | 2007年1月29日 (月) 14時05分

dekesokonaiさん
毎度コメントありがとうございます。
高次脳機能障害については地域でもまだまだ理解が進んでませんよね。セミナーでも精神科医の方が「医師の中でもよく分かってない人がまだ多い」と発言しておられました。
みんなが理解できていないほど新しい問題なんですよね。
是非一緒に勉強しましょう!!

投稿: マンデリン | 2007年1月29日 (月) 23時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/187148/13698430

この記事へのトラックバック一覧です: 高次脳機能障害のセミナー:

« 耐震偽装ホテル | トップページ | 2つの会議に思う »