« メリークリスマス | トップページ | せっせと宛名書き »

2006年12月25日 (月)

死刑執行

今日、4人の死刑が執行されたそうです。

よりによってクリスマスの日に・・・。

前任の法務大臣は死刑執行に肯定的ではなかったそうで、大臣交代が4人の死刑囚の命を奪う結果につながりました。

今回の執行で、「『14年ぶりに死刑執行なし』の事態を免れた」ことになります。

国のメンツのために、

あと1週間で新しい年を迎えることができた4人の命が絶たれたことになります。

死刑囚はそれなりの「罪」を犯した者です。

「罪」を償うということはいったい何でしょうか?

「命」を奪う罪を犯した者に、その「命」をもって償う刑罰自体は否定しません。

しかし、反省なき死刑が償いといえるのでしょうか。

今回執行された4人のことは分かりませんが、大阪教育大付属池田小学校乱入事件のTは判決確定から1年も経たずに刑が執行されました(2004年)。反省のかけらも見せずに・・・。

私が遺族だったら・・・。私が裁判員になったら・・・。

どう考えるだろうか。

|

« メリークリスマス | トップページ | せっせと宛名書き »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/187148/13201615

この記事へのトラックバック一覧です: 死刑執行:

« メリークリスマス | トップページ | せっせと宛名書き »