« 生活保護申請門前払いは許されない | トップページ | 睡眠学習? »

2006年10月30日 (月)

「予想外」の発表

3年生のゼミでは卒業論文に向けた個人発表に入っています。

今日は2名の発表が予定されていました。

Mさんは「障害者の施設と地域移行について」を発表。

まだまだ荒削りです。仲間からも感想とともに鋭い質問が飛びます。

私からも厳しいコメントが・・・(笑)

次はSさんの番。

以前提出してもらった卒論計画書では「障害者就労の国際比較」でした。

ここで、「予想外」の出来事が!

配布されたレジメには「境界型人格障害について」というタイトルが・・・。

何??

Sさんは「卒論の発表は今度やります。今日はちょっと取り組みたかったテーマを皆さんに聞いてほしくて、それを発表します」と。

境界型人格障害の特徴や診断の歴史的経過、対処法、日本における実態などなど。

みんな興味津々。私も急遽研究室から精神疾患関係の本を持ってきて聞き入ります。

質疑応答も堂に入っていました。質問も活発に出ました。

私もある程度は知っていましたが、発表は興味深かったですね。

Sさんの参考文献で知らない本があったので尋ねたら、「先生、貸してあげますよ」と。学生から本を1冊借りてしまいました(笑)

ゼミ終了後、ゼミ生のOさんが来室。

開口一番、「先生、大学院に行くには今からでは遅いですか?」

全く予期せぬ学生からの一言にちょっとビックリ。

彼女の発表は次回なのですが、そのテーマとは別にずっとこだわっていたテーマがあって勉強をしていたそうです。そのテーマを勉強するうちにもっと深く研究したくなったらしいのです。

行きたい大学院も調べて資料を取り寄せたとのこと。

とりあえず、どちらのテーマを卒論にして進学したいのかよく考える必要があるとアドバイスをして、本を数冊貸しました。

今日は「予想外」のゼミでした(笑)

|

« 生活保護申請門前払いは許されない | トップページ | 睡眠学習? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/187148/12494424

この記事へのトラックバック一覧です: 「予想外」の発表:

« 生活保護申請門前払いは許されない | トップページ | 睡眠学習? »