« 「給与全比較」の記事 | トップページ | 新出版社設立のお知らせ »

2006年9月15日 (金)

大学と近隣住民との関係

今日から大学の後期が始まりました。

夏休みもそこそこに、また授業に追われる日々が始まります。

そんな後期の初日に、近隣住民から大学に苦情のメールが入ったそうです。

「通学態度が悪くて迷惑している」と・・・。

こうした苦情は年間に数件あるそうです。

うちに限らず、大学や高校などが近所にあるところはどこも大変迷惑しているようです。

「税金を払っていない大学に通うよそ者の学生たちが我が物顔で車道を歩き、一般住民の方が避けて歩くのはどうかと思う」などの苦情もあったとのこと。

確かに通学態度に問題のある学生も目にします。

「歩きタバコの学生が多い。大学生としてマナーがなってない!」

確かにいますが言い訳を言わせてもらえば、途中に工場のパートさんがほとんどなんですが・・・。そんな言い訳をすれば、火に油を注ぎますね(笑)

大学の事務は、これらの苦情に1件1件、真摯に対応しています。

しかし今日、事務方の偉いさんから教職員にメールで「地元住民と良好な関係を築くために、教職員によるボランティア活動を・・・」との文言が・・・。

それ、ちょっと違わない??

学生へのマナー徹底は当然ながら、教職員がボランティア活動することで近隣住民と良好な関係が築けるのか?

学生たちの自発的な発想で通学路の清掃を行うとか、態度が悪い学生がいたら注意するとかなら分かりますが・・・。もちろん、教職員によるボランティア活動自体は否定しませんが・・・。

今日は後期初日ということで、教員から学生に通学態度の注意がありました。

でも、月並みな「注意」で聞くならとっくに直ってます。

学生どうしが気付かせ合うような取り組みが必要ではないかと思いました。

|

« 「給与全比較」の記事 | トップページ | 新出版社設立のお知らせ »

コメント

始めまして。社会人学生です。
若い学生の登下校の態度は同じ学生として本当に恥ずかしいと思います。対向から歩いてくる人が目に入った時から道を譲ろうとか、2列でいたら1列になろうとかといった気配りがまるでできない。
毎回思う事は、「親は一体どんなしつけをしてきたの?」

また、私が通う大学には留学生もいます。彼らのマナーもひどい。
しかし、彼らは文化の違う国からきているので、これは大学側が丁寧に指導、助言するべきと思っています。

先生方がボランティアをするのではなく、学生がするのがすじなのではないでしょうか?

投稿: 社会人学生 | 2006年9月16日 (土) 00時09分

はじめまして(?)コメントありがとうございました。
対面からの歩行者に道を空けるのは当然のマナーですよね。しゃべりながら横に広がって歩けば、「マナーが悪い!」と言われるのも当然かもしれません・・・。留学生のマナーもしかりですね。でも、みんながみんなマナー違反をしているわけではないので、一部の学生の態度で全体が悪く思われるのは本当に残念ですね。

投稿: マンデリン | 2006年9月16日 (土) 16時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/187148/11910486

この記事へのトラックバック一覧です: 大学と近隣住民との関係:

« 「給与全比較」の記事 | トップページ | 新出版社設立のお知らせ »