« ぼくは生きている | トップページ | 謎のメール »

2006年9月 1日 (金)

緊急請願をすることに

10月1日の障害者自立支援法完全施行が目の前になってきました。

8月後半あたりから、自治体独自に「自己負担軽減措置」を行うという報道が続いています。

例えば、「自己負担上限額を福祉サービスと自立支援医療、地域生活支援事業の全てを合算して37,200円とする」、「1割の自己負担となるところを3%とし、残りを自治体が負担」(5%とする自治体も多い)、「作業所や授産施設を利用して利用料が工賃を上回る場合、超過分は自治体が負担する」など。

授産施設や作業所の利用料の全額を自治体が負担するケースもあります。

東京都中野区では移動支援、手話通訳、地域活動支援センター(デイサービスや作業所)などの地域生活支援事業について全て無料化することにしています。

独自の軽減措置を講じることになった自治体は、今日(9月1日)報道分だけでも、大分県日田市、和歌山県田辺市などがあります。

こうした独自の軽減措置をまとめて掲載しているサイトがほしいところですが、残念ながら現在まで見つかっていません。6月までの調査結果が「きょうされん」のサイトにあります。(→調査結果)誰か、まとめてupしてくれないかな~。

我が自治体では、通所施設の給食費を1人300円だけ補助するというようなごくごく小さな軽減措置を講じる予定だそうです。

ある会合で当事者や家族から「施設を退所しないと生活できない!」などと悲痛な叫びが聞かれました。

10月の完全施行を前にして、自治体独自の軽減措置を実施するには9月に開かれる市町村議会で補正予算を組んでいただく必要があります。

そこで、私も理事をしている法人が中心となり議会に緊急請願を出すことになりました。

会員さんから「さいたま市障害者協議会」が中心となって行われた請願(→請願書)がとてもいい、との話があったので、それを下地に数名のプロジェクトチームで文案作成!

自治体内の全ての障害者団体や施設等に声をかけ、署名や提出に向けたスケジュールを確認しました。

普段はマイペースで動く方ばかりですが、たったの3日で1ヶ月分以上の動きを見せました!それだけ、重要な課題だということですね~。

週明けには関係者が役所の担当部署に請願を出すことを伝え、署名運動スタートです!

ちなみに、この緊急請願は、議会で採択されることを目的にしていません。それでは、遅いのです。関係団体をできるだけ請願に巻き込んで、その意思とパワーを行政に示すことで、他の自治体並の軽減措置を検討・実行してもらうことが主目的なんです。

先ほど、ある当事者の親からメールが来ました。

「地域でともに暮らせる社会のため、これから1ヶ月は1年分の活動をしましょうね!」

|

« ぼくは生きている | トップページ | 謎のメール »

コメント

こんにちは♪

私も今日これから参加させて頂いてる市の福祉系市民委員会の臨時会議に行ってきます。
10月の本施行前最後の意見交換になると思いますので、言いたいことは全部言うつもりです(^_^)v

>「地域でともに暮らせる社会のため、これから1ヶ月は1年分の活動をしましょうね!」
そうですね。
以前ブログにも書いたのですが、ウチの方でも前回の会合の際に座長さんが「国の言うことを鵜呑みにしていてはいけない。いま労力を惜しまず真剣に審議し、(市独自の)対策をとるかとらないかで自治体の勝ち組負け組が分かれる」と言ってました(それで今日会合あるんですけど)

自治体によってサービスに差が生じることに危機感を感じますが、現状ではこれしか手はない気がします・・・。
頑張りましょー☆

参考
http://style-tk.cocolog-nifty.com/blog/2006/07/post_09f1.html

投稿: style-TK | 2006年9月 2日 (土) 11時59分

style-TKさん
コメントありがとうございます!いつもblog読ませていただいています。style-TKさんの「生きてる証」ですね!
さて、10月の本施行を前に各自治体で慌しさが増していますね。今が正念場です。福祉に「勝ち組」「負け組」があってはならないと思います!命と生活を守るのが福祉なら、「負け組」の自治体は命と生活を軽視しています!頑張りましょう!!

投稿: マンデリン | 2006年9月 2日 (土) 23時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/187148/11721562

この記事へのトラックバック一覧です: 緊急請願をすることに:

« ぼくは生きている | トップページ | 謎のメール »