« 大学と近隣住民との関係 | トップページ | 誤診ならばいいな・・・ »

2006年9月17日 (日)

新出版社設立のお知らせ

聞きなれない出版社から封書が届きました。

またダイレクトメールかな、と思っていたら社名の下に「代表取締役 T」と友人の名が。

封書の中身は新しい出版社設立のご案内でした。

兄弟に障害者を持つTさん。福祉や人権の問題に興味を持ち、ある中堅出版社で20年に渡り編集を担当し、取締役にまでなりました。

Tさんと私は福祉系学会の全国大会の書籍販売コーナーで出会いました。

私のネームプレートを見て、「マンデリンさん、いつもホームページを見ています」とTさんから声をかけていただきました。拙いサイトの学会日程一覧を活用していただいていたのです。

以来、様々な形で交流させていただきました。

この夏、Tさんから現在の会社を辞めて新しい会社を設立する話を聞きました。

小さくても自分の出したい本を世に出す会社を作りたい・・・。

出版業界は非常に厳しい状況にありますが、Tさんの挑戦は始まりました。

「いつか本書いて下さいよ」と、いつもTさんから言われていました。

「当事者性から無縁ではない、実践的な知を、形にしていきたい」「出来得るなら、書き手、送り手、読み手のすべてにとって得心のいく本を世に送り出していきたい」と送られてきた挨拶文にあるこの新しい出版社から、いつか本が出せるよう私も努力したいと思います。

|

« 大学と近隣住民との関係 | トップページ | 誤診ならばいいな・・・ »

コメント

すごいですね。うらやましいです。
私もなんらかの形をのこしたいなぁと
最近 思うようになってきました。
T様にがんばってもらいたいです。

投稿: dekesokonai | 2006年9月17日 (日) 23時58分

dekesokonaiさん
ほんとですね~。Tさんは福祉ではかなり名の通った出版社におられたのですが、まさか独立するとは思っていませんでした。Tさんは「生きることが活きるための出版を目指す」と言っておられます。私の大好きな言葉の一つ(生きることが活きる=生活)です。本当に頑張ってほしいですね。

投稿: マンデリン | 2006年9月18日 (月) 01時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/187148/11924731

この記事へのトラックバック一覧です: 新出版社設立のお知らせ:

« 大学と近隣住民との関係 | トップページ | 誤診ならばいいな・・・ »