« 介護エトワール | トップページ | 障害福祉計画と見込量 »

2006年9月 4日 (月)

「5分の命」と言われたら・・・

あるblogに興味深い記事がありました。

http://lucky-boy.at.webry.info/200609/article_3.html

タイトル「5分の命」と言われたら・・・。

 首都高速道路で起きた深夜の交通事故。

 人命救助にあたっているレスキュー隊員に車に挟まれて苦しんでいる被害者の男性が言いました。「僕はあとどれくらい生きられますか。」

 レスキュー隊員は、答えるべきかどうか迷った末、正直にこう答えました。「あと5分位です。」

 それを聞いた男性は、最期に家族に伝えたいことがあるので、携帯電話をお願いしたいと申し出、電話をかけましたが、深夜ということもあってか家族は電話にでなかったそうです。

 その後、男性は家族の声を聞くことなく事故現場で死亡。着信歴をみた家族から電話がかかって来たのはその後でした。

 レスキュー隊員は、家族に男性から預かった大切なメッセージを伝えたそうですが、家族がとれなかった男性がかけた電話を、自分がかけたことにしたそうです。

 この話は、昨日車のラジオで聞いた実話なのですが、この話を聞いて色々なことを考えさせられました。

 一つは、「あと5分の命」と言われたら、自分はどういうメッセージを残すかということ。家族に対して、職場に対して、友人達に対して、5分では語りつくせないかもしれません・・・。

 もう一つは、レスキュー隊員の行動。男性に命の時間を伝える時の心の葛藤と、家族に自分が電話をしたといった嘘。

 この嘘で、家族は電話に出なかったことに対して救われたような気がします。

 この件が終ってレスキュー隊員は、男性に命の時間を伝えたことについて、本当に伝えて良かったのだろうかと考えたそうですが、私としては、この判断は正しかったと思います。

 男性が直接家族にメッセージを送ることは出来ませんでしたが、この隊員さんに託すことが出来たのですから、何と心強い人がそばについていてくれたことでしょう。

 仕事がら、高齢者の方の死に携わることがあります。最近では、ヘルパーステーションから、「1人暮らしの方が亡くなりました。」という報告を受けました。死因は病死。医師からも、いつお亡くなりになってもおかしくない状態と言われていた方です。

 長い人生の最後の幕を一人ぼっちで閉じるということ。きっと誰かに伝えたかった大切なメッセージがあったはずなのですが、残念です。

 こう考えると、何気ない1日がとても貴重な1日に感じられます。今日無事に過ごせていることも、もしかしたら偶然なのかも知れませんね。

とても切なくなる話ですね。

もし、あと5分の命と言われたら・・・。私は何をしたいのか・・・。

いつ死んでも後悔しないよう生きてきたつもりでしたが、考えさせられます。そして、今日という「貴重な」一日に改めて感謝したいと感じました。

この記事では、レスキュー隊がついた「嘘」について触れられています。「嘘」によって家族は救われたと・・・。私も確かに救われたと思います。でも、亡くなられた男性の気持ちはどうなるのか・・・。家族にとって大切な存在である男性が最期にとった行動を嘘で覆い隠してしまって正しいのか・・・。

この問題には、「家族」の立場と、「男性」の立場のどちらに重きを置くかというディレンマが含まれています。レスキュー隊員の行動が間違っているわけではありませんが、これが医師ならば・・・、ソーシャルワーカーならば・・・、介護専門職ならば・・・、それぞれの専門性からどのように対応すべきなのか・・・。

考えさせられましたよ!ホント。でも、まだ結論が出ません。

皆さんはどのように考えますか?

|

« 介護エトワール | トップページ | 障害福祉計画と見込量 »

コメント

私ならどうしたろう?と非常に考えさせられました。

投稿: dekesokonai | 2006年9月 5日 (火) 06時55分

トラックバックさせてもらいましたが、ちょいと失敗しました。すみません。ご迷惑をおかけします。

投稿: dekesokonai | 2006年9月 5日 (火) 07時11分

dekesokonaiさん
いつもコメントありがとうございます。ホントの考えさせられますね!昨晩ずっと考えましたよ(笑)
トラバの件、私もトラバしてきたので“施設長”様からってことになりますね(笑)私は書いててhtmlと格闘して枠表示が失敗してるし・・・。

投稿: マンデリン | 2006年9月 5日 (火) 08時23分

じつはトラックバックを今までうまく理解できないでいました。あーだ、こーだと格闘中に2回トラックバックしてしまいました。すみません。一番最初のを消去してください。よろしくお願いします。

投稿: dekesokonai | 2006年9月 5日 (火) 08時44分

ありがとうございました。

投稿: dekesokonai | 2006年9月 5日 (火) 12時53分

dekesokonaiさん
どういたしまして!私も最近までトラックバックの意味すら知りませんでしたから(笑)しかも、誤字を修正したらトラバ元に「トラックバック2件」と表示されてしまいました(汗)

投稿: マンデリン | 2006年9月 5日 (火) 22時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/187148/11762595

この記事へのトラックバック一覧です: 「5分の命」と言われたら・・・:

» 考えてしまいました。 [就業支援ワーカーの独り言]
 首都高速道路で起きた深夜の交通事故。  人命救助にあたっているレスキュー隊員に車に挟まれて苦しんでいる被害者の男性が言いました。「僕はあとどれくらい生きられますか。」  レスキュー隊員は、答えるべきかどうか迷った末、正直にこう答えました。「あと5分位です... [続きを読む]

受信: 2006年9月 5日 (火) 06時56分

« 介護エトワール | トップページ | 障害福祉計画と見込量 »