« 障害程度区分判定での異変!? | トップページ | 教務委員会 »

2006年9月 6日 (水)

わたし 大好き

『わたし 大好き』という絵本があります。

Watashidaisukiobi

帯の「認知症の人とひざを寄せて読む絵本」のキャッチコピーが目を引きます。

この絵本、心理学者のリディア・バーデックさんが書いたものです。とはいえ、心理学の観点からではなく、バーデックさんがアルツハイマー病の母親の介護をする過程でちょうどいい絵本がないことに気付き、自ら書いたものです。

先日、バーデックさんが来日講演をされた新聞記事を見て、どうしても欲しくなり購入しました。

1ページ目は、

 わたしは 顔を

 お日さまに向けるのが

 大好きです

とあり、太陽の下、花畑でイスに腰掛けた女性(表紙の女性です)が描かれています。

シンプルな言葉と絵を一緒に声に出して読むことを通して、話がはずむ可能性を期待させます。私の唯一残っている祖母も認知症です。帰省したら一度一緒に読んでみたいと考えています。

それぞれの人生に共感的に寄り添えるコミュニケーションツールとして豊かな想像ができる1冊です。

監修者として小澤勲先生の解説もあり、小澤先生は「この本を出して、日本版として、例えば「好きやねん」という題で、たこ焼き、通天閣、水族館などが描かれている本がでればいいですね」と書かれています。関西出身者としては大賛成です。また、小澤先生も書かれていますが、認知症の方に限らず誰でも、様々な読み方ができる絵本でもあります。

『葉っぱのフレディ』のコンビ、みらいなな訳、童話屋刊行、1,800円です。

|

« 障害程度区分判定での異変!? | トップページ | 教務委員会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/187148/11790686

この記事へのトラックバック一覧です: わたし 大好き:

« 障害程度区分判定での異変!? | トップページ | 教務委員会 »