« 将来構想委員会 | トップページ | 大学と近隣住民との関係 »

2006年9月14日 (木)

「給与全比較」の記事

週刊ダイヤモンド誌9月16日号に、「給料全比較―職種別・会社別・年齢別・国内外別」という特集がありました。

冒頭で職種別の推定年収ランキングが掲載されています。この調査、厚生労働省の「賃金構造基本統計調査」を基に算出されています。1位はプロ野球選手、2位は力士(十両以上)、3位は国会議員、4位は弁護士、5位は競艇選手・・・、普通の職業じゃないですね。

そして、どうしても、まず自分の仕事を見てしまいますね(笑)

大学教員はご丁寧に「大学教授」「大学助教授」「大学講師」に区分されていました。

で、「大学教授」が第8位、「大学助教授」が第10位、「大学講師」が第15位でした。

公認会計士(18位)、国家公務員(25位)よりも高いようです。実感ありませんが・・・。

でも、これはマジックですね。そもそも大学教員は就く年齢が高く、平均年齢も高いですから・・・。「大学教授」なんて、全業種で最も平気年齢が高い「56.4歳」。20代で「教授」ってのはいませんから。

それに、特集記事の後半に登場する「上場企業ランキング」なんて、軒並み年収1000万円以上!それに比べたら、第10位の「大学助教授(平均年齢46歳)」で906万円ですから。それでも、世間様より少しは高いのかもしれません。が、悲しいかな文系教員は可処分所得の大半は本代や学会参加費等に消えていきます。だから、実態は・・・。

ちなみに、福祉系の職種はどのくらいの収入なのか?

記事では介護支援専門員(第69位、392万円、平均年齢44歳)、保育士(第88位、328万円、平均年齢32.3歳)、ホームヘルパー(第94位、274万円、平均年齢42.6歳)が登場します。

ん?介護職員は?(記事では100職種を選び出しているため掲載されていません)

ということで、厚生労働省の「賃金構造基本統計調査」を調べてみました。

「福祉施設介護員」という区分がありました。これは介護福祉士を中心に介護職員を指し、施設長は対象外です。「福祉施設介護員」の年収は305万円、平均年齢35.6歳でした。

特集記事の順位に当てはめると保育士の下、89位の「(百貨店を除く)販売店員」(307万円)と90位の「タクシー運転手」(301万円)の間ということになります。

介護職員の年収305万円・・・。

これをどのように見るか・・・。難しいところですね。

それより、厚生労働省のデータでは「福祉施設介護員」の「超過実労働時間数」が「3時間」となっています・・・。実態を全く反映していません!!!

雑誌の記事では、ホームヘルパーについて記述があり、常勤よりパートタイマーが増えている実態と介護職員基礎研修の話が載っています。そして3年の実務で介護福祉士の国家試験が受験でき、合格すれば「役職に就けたり、能力給が付く」とあります。そんな甘くはありませんが・・・。更に、「500時間もの講習にどれほどの参加者が集まるのか、その先行きは不透明。さらにいえば、介護福祉士の資格を取ったとしても、介護事業者が経営難に追い込まれている状態で、収入が増えるかどうかもわからない。」と締めくくられています。

介護職員がもっともっと社会に認めてもらえる社会にしなければ!!

|

« 将来構想委員会 | トップページ | 大学と近隣住民との関係 »

コメント

障害者支援員も同様です。私の勤務時間と賃金はイコール関係ではありません。時間>賃金です。嫁さまにいつもなんでそんな遅くまで仕事をすると愚痴られます。そうはいっても終わらない現状。悲しい・・・。給料は減る一方・・。福祉に明るい未来があるのかなと感じてます。現在 職場からコメントしてます。

投稿: dekesokonai | 2006年9月19日 (火) 23時29分

dekesokonaiさん
いつも遅くまでご苦労さまです!楽しくやりがいをもって働くには最低限の報酬は保証してほしいもんですね。でもやはり厳しい現実のようで・・・。「お金以外のやりがいが報酬」なんてきれい事では良い人材は逃げていくんでしょうね。

投稿: マンデリン | 2006年9月20日 (水) 00時05分

ありがとうございます。
私も逃げたい一人かも?です。今日も適度にがんばります。

投稿: dekesokonai | 2006年9月20日 (水) 08時54分

dekesokonaiさん
dekesokonaiさんが逃げたら、多くの人が困ることでしょうね(笑)ストレスはblogで発散して下さいね。というよりも、おもしろいネタが実は参考になっています!これからもよろしくお願いします!

投稿: マンデリン | 2006年9月20日 (水) 22時09分

いやいや 恐縮です。 参考になりますか?皆さんどんな風に受け止めてるんだろうなと気にはなっていました。おもしろいか~。いや~素直にうれしいです。まだまだつたない文章ですが、うまく伝わるように適度に頑張ってかきます。 どうもです。マンデリン教授、こちらこそよろしくお願いします。

投稿: dekesokonai | 2006年9月21日 (木) 01時01分

こんにちは、。いつもお世話になります。
この記事を読んで気になりましたので、施設職員さんにお給料をちょっぴり教えていだきました。
30歳を超えているのに、月額20万円もないということです。ボーナスはあるもののわずかだということです。
この方は「これでは家族を養えない」と愚痴をこぼされていました。
でも、福祉にかかわりたいし、障害者の方を助けたいから頑張りたいとも言われていました。
障害者自立支援法で施設の運営も大変になるというのに、大丈夫でしょうか?
職員さんが自分を支えてゆけないのに、障害者を支えるというのは、かなり厳しいように思います。

投稿: まあちゃん | 2006年9月21日 (木) 03時26分

まあちゃんさん
いつもお世話になっております。施設の方に聞かれたのですね(笑)それは愚痴るでしょうね。その職員の方は仕事や利用者への思いがあって続けていられるのでしょうけれど、そんな方ばかりではないでしょうからね・・・。当事者の支援する仕事に関わる人が自分を支えられないとしたら、安心して仕事を続けていられないかもしれませんね。厳しい時代になったものです・・・。

投稿: マンデリン | 2006年9月21日 (木) 22時42分

私も愚痴りたいですよ~。悲しいかな・・・。いっぱいここで愚痴ってますけど・・・。

投稿: dekesokonai | 2006年9月24日 (日) 21時31分

dekesokonaiさん
まあちゃんさんのコメント読んだら、余計に愚痴りたくなりますよね。共感してしまって・・・。バーベキューでは愚痴れませんしね(笑)

投稿: マンデリン | 2006年9月24日 (日) 23時40分

そうですね~。 彼らの前では愚痴れない。というより、愚痴を言わしてもらえない。キャラが濃くて、圧倒されっぱなしなんで・・・。

まぁお金でかえないネタをたくさんもらってます。

プライスレス・・・。


マンデリン先生 また 愚痴りにきます!よろしくお願いします。


またまた仕事が忙しくなってきましたよ~。比例したらいいな~です。

投稿: dekesokonai | 2006年9月25日 (月) 02時23分

こんにちは。

この記事をトラックバックさせてくださいね。

投稿: まあちゃん | 2006年9月29日 (金) 01時58分

dekesokonaiさん
“プライスレス”な部分・・・。複雑で苦笑してしまいますよね。いつでもグチりに来て下さいな~。

まあちゃんさん
トラバありがとうございます。

投稿: マンデリン | 2006年9月29日 (金) 03時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/187148/11898593

この記事へのトラックバック一覧です: 「給与全比較」の記事:

» 介護福祉士とは [介護福祉士の資格 介護福祉士になるには]
介護福祉士(かいごふくしし)は、昭和62年に新しく誕生した、社会福祉の国家資格です。 社会福祉士及び介護福祉士法の規定に基づいた資格で、障害により・・・ [続きを読む]

受信: 2006年9月19日 (火) 18時39分

» 介護職員の給与はなぜ? 〜障害者の保護者の悩み〜 [はなす手、つなぐ手、心の手]
このような記事を見つけました。 具体的に書かれていて参考になると思いますので、転載させていただきました。 {{ 週刊ダイヤモンド誌9月16日号に、「給料全比較―職種別・会社別・年齢別・国内外別」という特集がありました。 冒頭で職種別の推定年収ランキングが掲載されています。この調査、厚生労働省の「賃金構造基本統計調査」を基に算出されています。1位はプロ野球選手、2位は力士(十両以上)、3位は国会議員、4位は弁護士、5位は競艇選手・・・、普通の職業じゃないですね。 ・・・<..... [続きを読む]

受信: 2006年9月29日 (金) 02時01分

« 将来構想委員会 | トップページ | 大学と近隣住民との関係 »