« 障害福祉計画と見込量 | トップページ | わたし 大好き »

2006年9月 5日 (火)

障害程度区分判定での異変!?

8月27日のblogで紹介しましたが、8月24日の厚生労働省障害保健福祉関係主管課長会議が行われました。そこでは6月までの区分判定の結果が公表されました。その会議の後初めてとなる某市区分判定審査会がありました。

ここでちょっとした異変が起こりました!

今日の審査対象者は全員が1ランク以上高い(重い)区分に判定されたのです!

委員さんたちが慣れてきたことも原因かと思いますが、これまでほとんど上げず、

委員長「区分2で妥当だと思います。何か意見あります?」

一同「結構でございます」

と終始していましたが、

委員長「この方は大変そうね~、上げちゃいましょう」

A委員「本当に大変そう。意見書から考えるに認定調査厳しくない?」

B委員「2ランク上げてもいいと思います」

と、みんな上げる気マンマン(笑)

これまでは、コンピュータによるプロセスⅡまでの判定が試行調査の欠陥を改善したものと考え信頼してきましたが、全国の動向が発表されるやいなや区分を上げることに何の躊躇もなくまってしまいました(笑)

じゃあ、これまで審査された人は・・・?

ぜひとも不服の場合は再審査をお願いして下さい!

前よりも上がりやすくなってますから(笑)

|

« 障害福祉計画と見込量 | トップページ | わたし 大好き »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/187148/11775133

この記事へのトラックバック一覧です: 障害程度区分判定での異変!?:

« 障害福祉計画と見込量 | トップページ | わたし 大好き »