« 募金にご協力下さい! | トップページ | 高次脳機能障害者デイの夏祭り »

2006年8月24日 (木)

頑張れ!教え子たち~!

大阪在住時代の教え子たちが立ち上げたNPO法人から通信が届きました。

「教え子」といっても、皆さん、私よりも年上・・・。30歳近く年長の方もおられます。

彼らは介護福祉士の専門学校の同級生たち。

住みなれたまちで生きがいのある豊かな老後が過ごせるようにと法人を立ち上げました。

Mさんは、ご両親の介護でたくさん泣き、たくさん学び、現在はたくさんの愛情を高齢者の方々に与えています(時々空回りするけどね~)。Tさんは、いつも冷静でしっかり者のケアマネさん(物事をはっきり言い過ぎる時もありますが)。Uさんは、一番の年長者としてどっしり構え、この事業を始めるきっかけをつくりました(どっしり構えすぎて周囲を慌てさせる時もありますが)。

彼がが中心となって地域の方々を巻き込みながら様々な事業を展開しています。

当初は週1回の「ふれあいサロン」から始めました。昨年からはヘルパーステーションを、今年からは居宅介護支援事業を展開しています。

でも、事業を運営していくのは意外と大変なんです。「思い」だけでは継続していきません。彼らの事業がここまで続いてきたのは、彼らなりの想像以上の努力があったからなのです。

彼らの法人では、日曜祭日や夜間でも相談対応ができるようにしたいとのことです。これにはまだまだ体制整備が必要のようです。

高齢者の方の日常生活圏域は若者ほど広くありません。身近な場所に気軽に利用できる小規模なサービス拠点があれば、とても安心です。そして、そこに行けば、いつも笑顔で迎えてくれるスタッフがいて何でも相談できる。そんな拠点がたくさんできることが求められます。

私は現在、遠く離れた土地に移ってしまいましたが、応援し続けたいと思っています!

|

« 募金にご協力下さい! | トップページ | 高次脳機能障害者デイの夏祭り »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/187148/11590685

この記事へのトラックバック一覧です: 頑張れ!教え子たち~!:

« 募金にご協力下さい! | トップページ | 高次脳機能障害者デイの夏祭り »